女性タクシードライバーが増加中!転職するメリットと、安全面は大丈夫?

タクシードライバー男性が多いイメージ。ただ、女性でもなることができます。

タクシードライバーは実は意外と働きやすく、頑張れば稼げる仕事。日勤で子育てと両立するのも良いですし、都市部でしっかり頑張れば月30〜40万円くらいも狙えます。そのため、考えてみるのはオススメ。

ただし女性がタクシードライバーになるなら、前もって確認しておくべきポイントもあります。ここでは「女性がタクシードライバーになる場合」について解説します。

なお、タクシードライバーの求人を探すなら、タクシー専門の転職サイト「転職道.com」が便利。大手を始めさまざまなタクシー会社の求人が充実していて、スタッフが自分に合う仕事の提案や面接のアドバイスをしてくれます。無料なので、ぜひ使ってみてくださいね。

>>タクシー専門の転職サイト「転職道.com」公式サイト・詳細

女性のタクシードライバーは増えていて、女性客にも必要とされている

実は女性のタクシードライバーは今、少しずつ増えています。その理由は、次の3つ。

【女性ドライバーが増えている、3つの理由】

  • 「タクシードライバーは意外と働きやすくて稼げる」と知られるようになってきたため。
  • タクシー業界がお客さまのニーズに合わせて、女性を積極的に採用しているため。
  • 国も女性ドライバーを応援しているため。

以前のタクシードライバーは、「昼間も夜も働いて、給料は安い」という少しブラックなイメージがありました。ですが今は国がブラック企業や過剰労働に目を光らせていて、タクシー業界も「働きやすくて頑張れば高収入な仕事」に変わりつつあります。

また、いろんな事件がある今の世の中。「自分が女性だから、女性ドライバーのタクシーがいい」「より安心して利用できるタクシーに乗りたい」というニーズはどんどん増えています。こうした流れからタクシー会社も積極的に女性を採用していて、売り手市場の状態になっています。

さらに国も、女性タクシードライバーを応援しています。国土交通省はタクシードライバーを「地域で働けるため女性向けの仕事」と考えていて、女性を採用するタクシー会社のサポートや女性ドライバーのPRなどを行っています。

2013年の時点で、女性ドライバーは6,700人しかいませんでした。国は2020年までにこれを14,000人まで増やすことを計画していて、それ以降もさらに増やすことを考えています(参考:国土交通省・「女性ドライバー応援企業」認定制度の創設)。

女性がタクシードライバーになるメリット

女性がタクシードライバーになると、どんなメリットがあるのでしょうか。大きく分けて、次の3つがあります。

【女性でタクシードライバーになる、3つのメリット】

  • 生活スタイルに合わせて働ける。
  • 女性は接客がていねいで、売上を伸ばしやすい(=給料もUP)。
  • 年齢があまり関係なく、長く続けやすい。

生活スタイルに合わせて働ける

タクシードライバーは、「日勤」「夜勤」「隔日(かくじつ)勤務」という3種類の勤務形態があります。つまり生活スタイルに合わせて、働き方を選ぶことができます。

「子供が学校に行っているから、昼間に働きたい」というときは日勤が向いています。逆に「子供が小さいから、夜に働きたい」という場合は夜勤が良いでしょう。

また、隔日勤務は男性タクシードライバーの一般的な働き方。「24時間働いて、次の日は休み」という勤務形態です。

タクシードライバーとしてしっかり頑張るなら、隔日勤務がオススメ。最初はちょっと大変ですが、慣れれば意外と良い働き方です。1日の勤務時間が長いため、出勤日数は月に11〜13日、休日は18〜20日くらいになり、メリハリをつけて働けます。

女性は接客がていねいで、売上を伸ばしやすい(=給料もUP)

女性は男性よりも優しさや安心感があり、接客に向いています。

タクシードライバーの主な仕事は「車の運転」ですが、ドライバーがお客さまに与える印象はけっこう大きいです。ガラの悪い男性ドライバーに、ちょっと引いてしまうことはあると思います(汗)

特に女性のお客さまはとても安心してくれて、場合によっては指名してくれるようになることも。タクシードライバーは売上によって給料も上がるので、女性ドライバーはとても有利なのです。

タクシー会社で働く女性ドライバーの中には、男性にも負けないくらいの売上を上げる人もいます。タクシー利用者の多い東京や大阪なら、頑張れば月に30〜50万円の給料も狙えます。

年齢があまり関係なく、長く続けやすい

タクシードライバーは年齢が高くても続けやすい仕事。男性でも、50代や60代で働く人がたくさんいます。

つまり「1度仕事に慣れてしまえば、あとは長く続けやすい仕事」といえます。

変化の激しい今の時代、長く続けられる仕事はなかなかありません。最近は自動運転の車も登場していますが、タクシーを利用したい人のニーズは今後もたくさんあります。

もちろん最初は道や接客の仕方を覚えるなど頑張る必要はありますが、スキルを身につければ働きやすい仕事です。

女性のタクシードライバー、安全面は大丈夫?

タクシードライバーは上のようなメリットがありますが、女性にとっての大きなデメリットが「安全面」。

タクシーの車内は密室になるため、男性客と2人になると怖いもの。これが大きなカベとなり、これまで女性ドライバーはあまり増えてきませんでした。ただ、最近は各タクシー会社が防犯対策に力を入れていて、女性ドライバーの安全は守られつつあります。

ドライブレコーダーで、防犯性は大きくアップ

タクシー業界に大きなインパクトをもたらしたのが、車内や周囲の様子を記録する「ドライブレコーダー」。

テレビのニュースでもときどき流れていますが、ドライブレコーダーの映像は被害があったときの証拠になります。

これまでのトラブルは、タクシーの車内にカメラがないことから起きていました。「誰も見ていないから大丈夫だろう」と考える人がいたわけです。

ただ、今は何かあれば、記録された映像ですぐにバレる時代。そのため防犯性は大きくアップして、ドライバーに手を出さない人が多くなりました。

また、運転席と後部座席の間にはパネルがあり、お客さまがドライバーに触れられないようになっています。基本的にお客さまは後部座席に乗ってもらうため、助手席に男性客が座る心配もありません。
ちなみに「女性ドライバーは大変でしょう」と、優しく接してくれるお客さまも中にはいます。

セクハラのような言葉は、受け流せるメンタルが必要

男性客が女性ドライバーに触れるトラブルは減ったものの、まだあるのが「セクハラまがいの言葉」。「お姉さん、彼氏いるの?」のような質問に始まり、より過激な言葉をかけられることは正直あります・・。

これはもう、さらっと受け流すメンタルを身につけるしかありません。また、「そうですね〜、お客さまはお仕事の帰りですか?」のように、話題を切り替えるテクニックも大切。

こうしたお客さまへの対応は、研修で身につけることができます。タクシードライバーで働く女性はセクハラ言葉を、「そんなの関係ねー」のような感じで気にしない人も多いです(笑)

大手タクシー会社を中心に、女性でも働きやすい環境が整えられている

こうしたメリット・デメリットのある女性ドライバーですが、大手を中心に働きやすい環境の整備が進められています。取り組みの内容は会社によって違いますが、主に次のような制度を用意している会社が多いです。

【タクシー会社で進められる環境の整備】

  • 未経験者のための給与保障。
  • 保育所との連携、育児休暇などで、子育てのサポート。
  • 女性教官による研修。
  • 女性のお客さま専用のタクシー。

未経験者のための給与保障

タクシードライバーは売上に応じて給料が上がる歩合制。ただ、ドライバーとして仕事を始めて間もないうちは、売上を伸ばせないことがよくあります。

そのため給与保障で、最低限の給料を保障してもらえる会社があります。「日の丸交通」というタクシー会社では、配属されてから1年間は月23万円を補償してもらえます。これはありがたいですね。

保育所との連携、育児休暇などで、子育てのサポート

大手のタクシー会社は、福利厚生が充実。保育所と連携していて勤務中に子供の面倒を見てもらえたり、育児休暇を取れたりします。

ただし保育所を利用する場合には、月1万円などの料金がかかることが多いです。タクシー会社によって違うため、面接や入社のときに確認しましょう。

女性教官による研修

タクシー会社に入社すると、「タクシーの運転に必要な二種免許の取得」→「道路・交差点に関する地理試験の受験(東京・神奈川・大阪)」→「社内研修」という流れで進みます。

社内研修は男性社員が多いものの、会社によっては女性教官が教えてくれることもあります。

女性の場合、接客や安全対策は女性教官に教えてもらうほうが実践的。より安心してドライバーの仕事を始められます。

女性のお客さま専用のタクシー

タクシー会社によっては、「女性のお客さま専用タクシー」を用意しています。女性客は「男性ドライバーだと不安」という方もいるため、女性ドライバーのタクシーだと安心。

また、これも上で紹介した日の丸タクシーの例ですが、両親のかわりに子供を送迎する「子育てタクシー」は女性ドライバー向けの仕事。

こうした仕事で働けば、より安全性は高くなります。お客さまからのセクハラトラブルが心配なら、希望してみると良いでしょう。

女性にもタクシードライバーはオススメ。転職サイトで相談を

女性のタクシードライバーは必要とされていて、今後も需要は高まると予想されています。働きやすさや働く環境も改善されていて、今は大手で働ける大きなチャンス。狙ってみるのもオススメです。

タクシードライバーに興味がわいたら、まずは転職サイトで相談すると良いです。タクシー専門の転職サイト「転職道.com」なら女性向けのタクシー求人が充実していて、スタッフから会社選びや面接のアドバイスも受けられます。完全無料で利用できるので、ぜひ使ってみてほしいと思います。

>>タクシー専門の転職サイト「転職道.com」公式サイト・詳細