タクシーの転職には検索型の転職サイトと転職エージェント、どちらがいい?

タクシードライバーを始めるときには、「転職サイト(求人サイト)」を使うのが一般的。ハローワークやスポーツ新聞、折込チラシなどでも仕事は見つかりますが、転職サイトのほうが便利で安心です。
ただ、転職サイトには2種類あり、「自分で検索して応募するタイプ(検索型)」と「スタッフが無料でサポートをしてくれるタイプ(転職エージェント)」があります。それぞれの特徴を知って、自分に合うほうを使うことが大切。

ここでは2種類の転職サイトについて、特徴を解説します。

なお、タクシードライバーになるなら、タクシー専門の求人サイト「転職道.com」がオススメ。スタッフがタクシー業界や企業の情報に詳しく、転職のサポート・アドバイスを無料でしてくれます。便利なので、ぜひ使ってみてほしいと思います。

>>タクシー専門の転職サイト「転職道.com」公式サイト・詳細

転職・求人サイトは、2種類ある

冒頭で紹介したように、転職サイトは大きく分けて2種類あります。

検索型の転職サイト求人が並んでいて、転職する人が自分で応募して面接を受けるサイト。
転職エージェント登録すると、スタッフが求人の紹介や転職のサポートをしてくれるサイト。

どちらも転職に役立ちますが、それぞれに特徴があるため、順番に紹介します。

自分で仕事を探して、自分で応募する「検索型の転職サイト」

検索型転職サイトのメリット・デメリット】

メリット ・たくさんの求人を、スピーディにチェックできる。
・自分で好きなように仕事探しができる。
デメリット ・誰かに相談できず、履歴書の作成も面接の対策も、全て自分でする必要がある。
・さまざまな求人が掲載されているため、中にはブラックな求人があることも。

検索型のサイトは無料で利用でき、完全に自分で仕事探しをします。求人のチェックや応募はサイト内でできますが、転職の準備は全て自分でする必要があります。

「自分の力で転職したい」という場合は良いですが、履歴書・職務経歴書の作成や面接の準備は、自分だけで対策するのが難しいもの。転職に慣れているなら良いですが、不安があるなら使うときには注意が必要です。

スタッフから転職のサポートを受けられる「転職エージェント」

転職エージェントのメリット・デメリット】

メリット ・スタッフが求人の紹介から書類・面接のアドバイスまで、さまざまなサポートをしてくれる。
・プロのアドバイスをもらえることで、転職後の後悔が少ない。
デメリット ・スタッフとやり取りしながら、仕事探しや面接の準備を進める必要がある。

最近はこちらの「転職エージェント」が主流。会員登録をするとスタッフからメールや電話で連絡がきて、求人の紹介や書類作成・面接のアドバイスをしてくれます。

転職を考えるとき、何をすれば良いかわからないことはよくあります。転職エージェントならスタッフが電話や面談で転職の希望を聞いてくれて、それに合わせて求人を紹介してくれます。さらに「志望動機はこう作ると良いです」「面接で聞かれる質問はこれです」とアドバイスしてくれるため、迷わず準備を進められます。

転職エージェントも、検索型と同じく無料。運営会社は求人を募集する企業から報酬をもらっているため、転職したい人は費用ゼロで利用できます。そのためデメリットはあまりないのですが、スタッフと連絡や相談をその都度する必要はあります。

オススメなのは、圧倒的に「転職エージェント」!3つの理由

2つの転職サイトのうち、オススメなのは圧倒的に「転職エージェント」です。検索型も求人をざっとチェックするには便利ですが、やはり自分に合う仕事・会社を探すなら転職エージェントのほうが良いです。

管理人が転職エージェントをオススメする理由は、大きく次の3つです。

【転職エージェントがオススメな理由】

  • スタッフに求人の詳細を聞ける。企業に聞いてもらえることも。
  • 履歴書の書き方や面接の受け方など、細かなアドバイスをもらえる。
  • スタッフが企業をチェックしていて、ブラックな求人を避けやすい。

1. スタッフに求人の詳細を聞ける。企業に聞いてもらえることも

転職エージェントでは、スタッフに求人の気になるところを聞くことができます。

初めてタクシードライバーになる場合、不安や心配もあるもの。実際の仕事がどんな感じになるのか、企業がどんな雰囲気なのか、安心して働けそうな職場なのかなど、いろんなことが気になると思います。

転職サイトのスタッフは企業の採用担当者と話しているため、リアルな情報を教えてもらうことができます。さらにスタッフが知らない情報も、場合によっては企業に問い合わせてもらうことができます。

給料や休みなどの話は、自分から企業へしにくいことが多いです。こんなときでも転職エージェントなら不安や疑問を解決した上で考えられるため、良い仕事を見つけられる可能性がアップします。

2. 履歴書の書き方や面接の受け方など、細かなアドバイスをもらえる

履歴書や職務経歴書などの書類や面接対策は、つい「こんなもんかな」と独りよがりになりがち。ただ、本当にその履歴書、面接対策で十分かは、自分でわからないことが多いです。不十分な準備で1番気になる会社の面接を受けてしまうと、、結果は目に見えています(汗)

転職エージェントのスタッフは、転職ノウハウに詳しいです。また、面談や電話・メールで相談できるため、自分に合わせた形でアドバイスをしてくれます。「志望動機が表面的なので、こう直しましょう」「面接で必ずこれは聞かれるので、当日までに考えてみてください」のようにやるべきことがわかることで、採用の可能性がアップするはず。

タクシー会社の面接は、実はそれほどハードルが高いわけではありません。ただ、大手は人気が高く、あまり準備をしていないと落ちてしまうことがあります。そのため油断せず、しっかり対策しておくことは大切です。

3. スタッフが企業をチェックしていて、ブラックな求人を避けやすい

新聞の折込チラシや小さな検索型の転職サイトには、正直なところブラックな企業の求人が混ざっていることもあります。転職サイトの運営会社があまりチェックせずに求人を掲載している場合、こうしたことが起こりやすいです。

転職エージェントでは基本的に、スタッフが求人を募集したい企業の採用担当者とコミュニケーションをとっています。そのためスタッフはその企業がどんな会社なのか、きちんと確認しています。ブラックな会社は求人の掲載を断ることもあるため、転職エージェントは安心して使うことができます。

サポートを受けても、絶対に転職しないといけないわけではない

転職エージェントはスタッフがさまざまなサポートをしてくれるため、「登録したら、絶対に転職しないといけなさそうだな」と考えがち。

ただ、実はそんなことはなく、転職するかどうかは自由。サポートを受けたからといって、絶対に転職しないといけないわけではありません。

人によっては「3ヶ月後や半年後に転職したい」という場合もあるため、転職のタイミングも人によります。そのためまずは、「スタッフと相談しながら決めていく」というのがオススメ。

自分だけで考えていると上手く進められなくても、スタッフと話すことで今後の道が見えてくることは多いです。「情報収集のためにも、まずは相談」という感じで転職エージェントを使ってみてください。

転職サイトを活用して、ベストな会社を見つけよう

転職サイトはここで紹介したように「検索型」と「転職エージェント」の2種類があります。良い転職をしやすいのは、やはり「転職エージェント」。無料で使えてスタッフが細かいところまでサポート・アドバイスをしてくれるため、安心して仕事探しができます。

タクシードライバーになるなら、タクシー専門の転職エージェント「転職道.com」が便利。転職道.comはタクシーの求人に特化していて、大手から中小までさまざまな仕事が揃っています。サポートしてくれるスタッフも業界に詳しいため、しっかりとアドバイスしてくれるはず。もちろん無料なので、ぜひ使ってみてください。

>>タクシー専門の転職サイト「転職道.com」公式サイト・詳細