タクシードライバーと警備員はどっちがいい?給料・仕事内容を比較

タクシードライバーと警備員は、どちらを始めるかで悩む人が多い仕事。両方とも特別な経験や技術がなくても始められますが、比べてみると給料や仕事内容で違いがあります。

単純に「自分にもできそうだから」「カンタンそうだから」という理由で選ぶのではなく、自分に合うほうを選ぶことが大切!

そこでここでは、タクシードライバーと警備員を比較してみました。これから仕事を始めるときの参考にしてほしいと思います。

なお、タクシードライバーは「転職道.com」という専門の求人サイトがあります。未経験でも応募できる大手の求人もたくさんあり、スタッフが仕事探しの相談にも乗ってくれます。無料なので、まずは相談してみるのもオススメですよ。

>>タクシー専門の転職サイト「転職道.com」公式サイト・詳細

タクシードライバーと警備員を比べてみた

タクシードライバーと警備員を比べるにあたり、次の4点でチェックしてみました。

【タクシードライバーと警備員を比較する、4つのポイント】

  • 収入(どれくらい稼げるか?)
  • 仕事内容(どんな仕事をするのか?)
  • 人間関係(人と関わることは多いのか?)
  • 勤務形態(勤務日数や勤務時間、休日は?)

一見すると似ているタクシードライバーと警備員ですが、これら4つのポイントでチェックすると、違いが見えてきます。比べた結果を順番に見ていきます。

【収入】タクシードライバーのほうが稼ぎやすい

まずは気になりやすい給料についてですが、タクシードライバーのほうが高収入です。

建物内の監視や見回り、駐車場などでの警備は特別なスキルがなくてもできるため、警備員は給料が低め。取ると収入アップにつながる資格はあるものの(警備業務検定など)、初めて働く人は資格なしで始めることが多いです。

あくまでも目安ですが、警備員の給料は資格なしで月18〜20万円ほどと考えておきましょう。資格を取って仕事を頑張れば、月25万円ほども狙えるかもしれませんが、ハードルは高めです。

タクシードライバーは基本的に歩合制で、自分が上げた売上によって給料が変わります。あまり売上が伸びないと最低給料の月18万円くらいになることもありますが、頑張って営業すれば月25〜30万円を稼ぐこともできます。タクシーは長く運転するほど道に詳しくなるため、より稼ぎやすくなります。

また、タクシードライバーは一応ですが専門職。タクシー会社に入社すると、「2種免許」という専用の免許を取る必要があります(費用は会社負担が一般的)。さらに東京・横浜・大阪の都市部は「地理試験」という道路に関する試験にも合格する必要があり、専門知識・技術が必要な分だけ収入を伸ばしやすくなっています。

2種免許・地理試験の合格に必要な期間は、両方合わせて3週間ほどです。

ちなみにタクシードライバーも警備員もは50代や60代の人がたくさん働いていますが、タクシードライバーは20代や30代の若い人も増えています。収入に魅力を感じて、興味をもつ人が増えている感じですね。

【収入】

タクシー:歩合制のため稼げる。月25〜35万円ほども十分可能。
警備員:資格なしで働けて固定給。月20万円前後。

【仕事内容】タクシーは座り仕事がメイン。警備は立ったり走ったりもある

次に「仕事内容」ですが、タクシードライバーは座り仕事がメイン。仕事中はタクシーを運転する時間がほとんどで、単純といえば単純です。

警備員の仕事はさまざまで、ビルの管理室で座りながら監視カメラのモニターをチェックすることもあれば、ビル内を歩き回ることもあります。また、駐車場で立って車の誘導をすることもあります。

タクシードライバーは座って仕事ができますが、事故には気をつける必要があります。特に都市部は交通量が多く道も複雑なため、ずっと座って働けるとはいえ体力を使います。

警備員の場合、「座ってぼんやりモニターを見てればいいんでしょ?」と思うかもしれませんが、何かトラブルがあったときにはすぐに対処しないといけません。ラクな仕事と思いがちですが、場合によっては走り回ることもあり、意外と緊張感をもって働く必要があります。

つまり仕事としては、「どちらも単純な仕事だけど、大変なこともある」という感じ(笑)座り仕事メインがいいならタクシー、動き回っても大丈夫なら警備員が良いですね。

【仕事内容】

タクシー:座り仕事だけど安全運転に注意が必要。
警備員:座っての業務もあれば、立ったり走ったりもある。意外と緊張感あり。

【人間関係】タクシーは多少の接客あり。警備は同僚との会話がメイン

次に人間関係について。人と接する時間が少ないのは、警備員です。

タクシードライバーは個人プレーですがお客さまを乗せるため、多少の接客・サービスは必要。

「ご利用ありがとうございます。どちらまで行かれますか?」「ご乗車ありがとうございました。1280円です」のような会話のほか、ときには運転中の雑談も必要。営業所に戻ったら同僚や上司とコミュニケーションをとることもありますが、この時間は短めです。

警備員はお客さまの対応をすることはなく、同僚とのコミュニケーションのみ。管理室に複数名で働く場合は話すこともありますが、見回りや駐車場の誘導などはあまり話さなくても大丈夫です。

コミュニケーションが苦手なら、警備員がオススメ。タクシードライバーの接客は大変に感じるかもしれませんが、「接客やサービスのスキルを磨ける」と考えることもできます。接客が良いと売上も伸びるので、やりがいを感じる人もいます。

【人間関係】

タクシー:基本は1人で働けるが、お客さまへの接客あり。
警備員:同僚とのコミュニケーションはあるが、それ以外は会話なしでも働ける。

【勤務形態】どちらも日勤・夜勤・隔日勤務があり、勤務形態を選べる

勤務形態はタクシードライバーと警備員で、大きな差がありません。どちらも日勤・夜勤・隔日勤務で働けて、自分の生活スタイルに合わせて選べます。

日勤は昼間に働く一般的な勤務スタイル、夜勤は夜中に働くため、給料が高くなりやすいのがメリットです。

隔日勤務は「1日働いて、次の日は休み」という働き方で、勤務日数が少なくてみます。月に11〜13日勤務、休日は18〜20日くらいになるため、メリハリをつけて働けます。

警備員は昼間に働く駐車場の誘導より、夜間警備のほうが少し収入は高め。タクシードライバーは隔日勤務が一般的で、日勤・夜勤で働く人は少なめです。タクシーで稼ぎやすいのは夜勤で、隔日勤務、日勤の順で続きます。

【勤務形態】

タクシー:日勤・夜勤・隔日勤務あり。隔日勤務が一般的。
警備員:日勤・夜勤・隔日勤務あり。職場によって異なる。

収入を重視するならタクシードライバー、気楽さ重視なら警備員

警備員とタクシードライバーを比べた結果をまとめると、次のようになります。

【警備員とタクシードライバーの比較まとめ】

  • 高収入なのは、歩合制のタクシードライバー。
  • タクシーは売上を気にする必要があり、接客もある。警備は立ち仕事もあるものの、人と接することが少ない。
  • 勤務形態は、タクシーも警備員も生活に合わせて選べる。

基準としては、「接客に抵抗がなくて稼ぎたいならタクシー、コミュニケーションが苦手なら警備員」という決め方がオススメ。自分の向き不向きに合わせて選んでほしいと思います。

警備員の仕事は求人サイトや地域のフリーペーパーで探せますが、タクシードライバーは専門職なので、タクシー専門の求人サイト「転職道.com」というサイトが便利

転職道.comは未経験でも応募できるタクシー求人がたくさんあり、業界に詳しいスタッフが仕事探しや面接のアドバイスもしてくれます。完全に無料なので、興味がわいたらまずは相談してみてほしいと思います。

>>タクシー専門の転職サイト「転職道.com」公式サイト・詳細