タクシー運転手への転職で家族を養える?大手で寮・社宅ありの会社がオススメ!

結婚している場合、「タクシードライバーになって、家族を養っていけるのか?」と不安になることは多いもの。ただ、きちんと頑張れば、タクシードライバーは十分家族で食べていくことができます。管理人も転職前は不安でしたが、いざ始めてみると前職の工場勤務より収入は上がりました。

ここでは「タクシードライバーで家族を養えるか?」について解説します。

なお、タクシードライバーになるなら、タクシー専門の転職サイト「転職道.com」がオススメ。大手を始めタクシー会社の求人が充実していて、業界に詳しいスタッフから面接や会社選びのサポート・アドバイスを受けられます。利用は無料なので、ぜひ使ってみてください。

>>タクシー専門の転職サイト「転職道.com」公式サイト・詳細

都市部のドライバーなら、手取りで月30万円ほど。頑張ればそれ以上も

タクシードライバーの収入は歩合制。自分が上げた売上の約50〜60%くらいが収入になります。

タクシーの利用者は、東京・神奈川・大阪・福岡・名古屋などの都市部が多いです。これらの地域なら、手取りで月30万円ほどは十分狙えます。特に東京・神奈川・大阪は稼ぎやすく、手取りで40万円くらいのドライバーもけっこういます。これくらいの収入があれば、家族で生活するのにまずまず足りると思います。

一方で地方・田舎はタクシーの利用者が少なく、手取りで月20〜25万円ほど。多くの人が車を持っている地域では、なかなか収入を伸ばしにくいです。地方は物価が安くて生活費を抑えやすいので意外と足りるかもしれませんが、ちょっと厳しいかもしれません。

つまり都市部に住んでいる、または引越しできるなら、タクシードライバーで家族を養うことは十分可能。地方に住んでいて引っ越せないなら、月20〜25万円で生活できるかは考えておく必要があります。

ちなみに管理人は地方に住んでいましたが、タクシードライバーへ転職するときに東京へ引越しました。管理人の奥さんはわりと乗り気で、「東京に住めて月30万円!?いいじゃん」という感じだったので、ラッキーではありました。

不安定な面はあるけど、普通に頑張れば月20〜25万円はカタい

給料が歩合制ということは、給料の額が毎月変わるということ。「売上が悪かったら生活できないのでは?」と思うかもしれませんが、都市部ならきちんと働けば月20〜25万円は普通にいきます。タクシーに乗りたい人は毎日たくさんいるので、こうしたお客さまをしっかり見つければ大丈夫です。

タクシードライバーを考えるなら歩合制は絶対なので、給料が毎月変わることを当然と考える必要があります。

最初は不安かもしれませんが、よほどサボらなければ生活に困ることはないはず。むしろ「月30万円からさらにどう上げようか?」という考えになるので、一般企業で働くより稼げることも多いです。

管理人はドライバーの前に、工場で製造の仕事をしていました。そのときは手取り月25万円から給料が上がらず、奥さんにも「もうちょっとあればいいのに・・」と言われていました。ドライバーになってからは給料が上がったので、夫婦関係も良くなりました(笑)

最初の半年ほどは下積みの時期なので、月25万円前後

タクシードライバーは稼げますが、最初の半年くらいは思うように売上を伸ばせません。そのため入社後しばらくは、月25万円ほどと考えてください。

大手のタクシー会社は「給与保証」というものがあり、入社後半年や1年は月30万円や35万円を保証してもらえます。ただ、これは額面上の金額(総支給額)で、手取りは月25万円ほどになります。

給与保証の金額はちょっと少ないかもしれませんが、安心してドライバーの仕事に慣れることができるのは良いこと。家族で相談して、当面のお金の使い方を考えておきましょう。

年齢が高くても正社員になれるのは、大きなメリット

タクシー会社は積極的に求人を募集していて、基本的に正社員採用。タクシー業界は50代や60代の人が多く、タクシー会社は若い人やこれから頑張る気持ちのある40代や50代を積極的に採用しています。

「30代だけど、正社員で働ける会社がなかなかない」「今40代で、正社員として働ける会社を見つけたい」という場合、タクシー会社を考えてみるのは良いと思います。

タクシー業界は大手でも未経験者を歓迎しているので、これからドライバーを始めるなら「都市部の大手タクシー会社」がオススメ。しっかり稼げて福利厚生も整っていて、管理職やハイヤードライバーなど、今後の道も見えやすいです。もちろん面接の準備・対策は必要ですが、やる気があればチャンスはあります。

企業によっては、家族向けの社宅があるところも

タクシー会社によっては、家族向けの社宅を用意しています。自分で賃貸アパートやマンションを契約するよりずっと安く住めるので、社宅ありの求人を狙うのも良いです。家賃が抑えられれば、月30万円あればけっこう十分ですよね。

社宅があるかどうかは、求人に書かれています。ほかの人が応募して埋まってしまう可能性があるため、興味がわいたら早めに考えて面接を受けてみると良いですね。

タクシー専門の転職サイト「転職道.com」なら大手の求人が充実していて、スタッフに仕事探しや面接のサポートもしてもらうことができます。社宅ありの会社もスタッフに提案してもらえるので、ぜひ使ってみてください。完全無料で利用できます。

>>タクシー専門の転職サイト「転職道.com」公式サイト・詳細

休みが多いので、家族やプライベートの時間が増えるのも魅力

タクシードライバーは休みが多いのもメリット。タクシードライバーは「隔日勤務」という働き方で、勤務時間は「朝8時〜翌日の午前3時」のような形が一般的。1日の勤務が長い分、次の日は丸1日休みとなっています。

隔日勤務の場合、勤務日数は月11〜13日で、残りの18〜20日ほどは休み。「仕事の日はしっかり働き、休日はしっかり休む」という、メリハリのきいた働き方ができます。

家族や子供がいると、家族やプライベートの時間を大切にしたいもの。タクシードライバーは時間を効率よく使えるので、ある意味で家族持ちに向いているかもしれません。

ちなみに給料が歩合制なので、ドライバーはムダに長く働く必要もありません。長時間の残業や休日出勤、サービス残業はあまりないので、実は意外とホワイトな仕事です。

事故や病気のリスクは確かにあるが、どの仕事にも言えること

「タクシードライバーが良さそうなのはわかったけど、事故や病気をしたら運転できなくなってヤバイよね?」

タクシードライバーは自分の頑張りで収入が決まるため、事故や病気をしたときのリスクは正直あります。

多くのタクシー会社は事故の費用を出してくれる「事故保障」や、定期的に受けられる健康診断を用意してくれています。特に大手は充実していて、なるべくリスクが小さくなるよう配慮されています。
ただ、それでも事故や病気になる可能性はゼロではないため、自分で日頃から気をつけるしかありません。いつも安全運転を心がけて、健康にも気をつける必要があります。

管理人も腰を悪くしないよう、シートにちょっと良いクッションを敷いて運転しています。正直、リスクはどの仕事でもあるので、「タクシーだけが特別ではない」と思って仕事をしています。

頑張る気持ちがあれば、タクシードライバーは家族を養える仕事!

タクシードライバーで家族を養うことは、十分できます。都市部で働けば月30万円ほどは稼げますし、地方は生活費を抑えられるので、月20〜25万円で足りるかを考えてみてください。

また、タクシードライバーは40代や50代でも正社員になれるメリットがあります。未経験でも大手に転職できるチャンスはあるので、検討する価値は充分あるはず。タクシー専門の転職サイト「転職道.com」でスタッフに相談して、ベストな会社を見つけてほしいと思います。

>>タクシー専門の転職サイト「転職道.com」公式サイト・詳細