タクシードライバーは寮つきの求人も多い!メリット・デメリットと探し方

タクシー会社の求人には、寮つきのものもあります。自宅から通勤するのも良いですが、寮に入ると働きやすく、生活費も抑えられます。寮費や部屋の環境はタクシー会社によって違うため、求人をチェックしてみましょう。

ここでは「寮つきのタクシードライバー求人」について解説します。

>>タクシードライバーへの転職なら!タクシー専門の転職サイト「転職道.com

ドライバーは仕事終わりが夜中になることも。寮に住むと便利

タクシードライバーはお客さまを乗せることで売上が上がり、自分の収入もアップします。

タクシーを利用する人は夕方から夜にかけて多くなるため、ドライバーの仕事終わりは午前3時や4時になることがよくあります(次の日は「明け番」といって休みになります)。つまりそこから帰宅することになるため、通勤のしやすさは大切。

寮は一般的なマンション・アパートより安く、生活費を抑えられます。さらにタクシー会社の営業所から近くにあることが多いため、通勤もラクになります。

住む場所にあまりこだわりがなければ、寮つきのタクシー求人を狙うのはアリです。

タクシー会社の寮は2種類!それぞれの特徴

タクシー会社の寮は、大きく分けて2種類あります。

  • タクシー会社が所有する寮(自社寮
  • タクシー会社が借りている部屋に住む「借り上げ寮

どちらも生活費を抑えられるためおトクですが、それぞれで違う特徴があります。複数の寮つき求人を比べる場合、どちらに当てはまるかをチェックして応募しましょう。

タクシー会社が所有する寮(自社寮)

大手や準大手のタクシー会社は、自社で寮を所有していることがあります。これは「自社寮」とも呼ばれ、個室の部屋に共同の食堂・トイレ・浴場などがあることが多いです。場合によってはテレビやテーブルなどの家具・家電が付いていたり、各部屋にトイレや風呂がついていたりすることもあります。

自社寮はタクシー会社の営業所近くにあることが多く、通勤がとてもラク。寮を出るとすぐに会社という立地の場合も多いです。さらに会社所有の物件なので、家賃も安く抑えられています。

ただし部屋は個室でも、ある程度は共同生活の部分があります。会社の人と廊下ですれ違ったり、トイレや風呂を共同で使わないといけないため、人によっては少しストレスかもしれません。また、ずっと改修がされず、古いままの寮もあります。

【自社寮のメリット・デメリット】

メリット ・会社と寮が近く、通勤しやすい。
・周りの賃貸物件に比べると、寮費が安め。
・家具や家電がついていることもある。
デメリット ・食堂・風呂・トイレが共同の場合が多い。
・建物が古い場合がある。

タクシー会社が借りている部屋に住む「借り上げ寮」

次に、タクシー会社が一般のマンションやアパートを借りている「借り上げ寮」について。

借り上げ寮の場合、一般的な賃貸物件に安く住むことができます。賃貸マンションやアパートは管理会社がきれいにしているため、快適な部屋に住めることが多いです。風呂・トイレも、もちろん部屋にあります。

ただし借り上げ寮の場合、会社の営業所からは少し離れている場合があります。また、自社寮に比べると寮費が高めの場合もあるため、納得できる金額かは確認が必要です。

【借り上げ寮のメリット・デメリット】

メリット ・部屋が比較的きれいで、風呂・トイレも部屋にある。
・自分で物件を借りるより、費用が安い。
デメリット ・自社寮に比べると、寮費は高いことが多い。
・会社から少し離れていることも。

会社によっては単身だけでなく、家族で住める場合も

会社の寮といえば、単身向けの場合が多いもの。ただ、タクシー会社の場合、単身向けだけでなく家族で住める寮が用意されていることもあります。

タクシードライバーは東京・神奈川・大阪・名古屋・福岡など、都市部のほうが稼ぎやすいです。家族で引っ越して働きたい場合は、家族向けの寮がある会社を選ぶと良いです。

ただし単身向けに比べると、家族寮を用意している会社は少なめです。希望に合う会社が見つかるかは、少し運によるところもあります。

研修期間中は、寮費が無料の会社も多い

寮に入ると、毎月の給料から寮費が差し引かれるのが一般的。ただ、研修期間中は、寮費無料の会社がけっこうあります。

タクシー会社に入社するとすぐにドライバーとして働けるわけではなく、免許の取得・地理の勉強・社内研修と、身につけるべきことがたくさんあります。入社して1ヶ月ほどでドライバーとして働けるようになりますが、それまでの寮費は無料の場合が多いです。

タクシー専門の求人サイトで、寮つきの求人をチェック!

寮つきのタクシー求人を探すなら、「タクシー専門の転職サイト」を使うのがオススメ。中でも「転職道.com」というサイトは、大手から中小までさまざまなタクシー会社の求人が揃っているので便利です。

寮を用意しているタクシー会社は意外とたくさんあるので、ほかの条件も合わせて考えつつ、応募する会社を選びましょう。

迷ったら、スタッフの転職サポートを活用しよう

転職道.comに登録すると、「スタッフによる転職サポート」を受けることができます。

寮つきの求人が良くても、それだけしか注目せずに仕事を選ぶと、あとで後悔してしまうことがあります。転職道.comのスタッフに相談すると自分の希望に合う求人を提案してくれて、面接のアドバイスも受けられます。

自分だけで求人を選ぼうとしても、失敗してしまうことは多いもの。転職道.comのサービスは全て無料のため、登録して利用してみるのはオススメです。

面接で、寮を見学させてもらえないか相談してみよう

寮がどんな環境なのか気になる場合、面接のときに見学できないか相談してみるのも良いです。

前もって電話やメールで相談しておけば、見学できることは多いはず。転職道.comのスタッフに仕事を提案してもらうなら、スタッフに「寮を見学できませんか?」と相談するのもひとつの方法。

前もって寮の部屋や共有設備を確認することで、より安心して転職できます。自社寮の共同生活に馴染めない人も中に入るため、前もって見学しておくのは大切です。

車やペットなどの細かな相談も面接で

寮に入るときは、「車を持ち込みたい」「ペットを連れていきたい」など、こだわりがあることもあるもの。

基本的にタクシー会社の寮は、最低限の環境を整えていることがほとんど。マイカーの持ち込みやペットについては、会社によって対応が違います。

どうしてもこだわりがある場合、面接で相談してみましょう。要望が細かいと寮に入れないどころか不採用になる可能性がありますが、「車があるのですが、寮に持ち込めますか?」とていねいに聞くのは大丈夫です。

寮に入って働けば、タクシードライバーはより働きやすい

タクシードライバーは仕事終わりが夜中になることも多く、通勤はなるべく便利なほうが良いです。寮に入ると会社に行くのも休むのもラクになるため、より働きやすく、稼ぎやすくなります。

寮つきの求人はたくさんあるため、タクシー専門の転職サイト「転職道.com」でスタッフに相談しながら探してほしいと思います。

タクシードライバーは、慣れれば安定して稼げる良い仕事。寮に入れば生活費も抑えられて、使えるお金がグッと増えるはずです。

>>タクシー専門の転職サイト「転職道.com」公式サイト・詳細