タクシー会社の給与保証は本当?知っておくべきポイントを解説

タクシー会社の求人を見ていると、「半年間、月30万円保証!」のようなフレーズを見かけます。これは「給与保証」というもので、タクシー会社が「ドライバーの業務に慣れてもらうまでの保証」としてつけています。

給与保証があると、仕事に不慣れな間も給料がもらえるため安心。ただ、「半年間30万円って、ホントに??話がうますぎでは?」と思うこともあるもの。管理人も最初は「ホントかよ・・」と思いました(笑)

給与保証は本当に支給してもらえますが、チェックしておくべきポイントがあります。ここでは「タクシー会社の給与保証」について解説します。

なお、給与保証の手厚い会社や大手のタクシー求人を探すなら、タクシー専門の転職サイト「転職道.com」がオススメ。さまざまなタクシー会社の求人が充実していて、スタッフが仕事探しや面接のアドバイスもしてくれます。無料なので、ぜひ活用してほしいと思います。

>>タクシー専門の転職サイト「転職道.com」公式サイト・詳細

給与保証をつける理由は、「仕事に慣れてもらうため」

タクシー会社の給料は歩合制。つまり自分が上げた売上で給料が決まります。多くの会社で歩合率は50〜60%となっていて、ざっくり売上60万円を上げると月収30万円になるイメージ。これは都市部なら、普通に達成できる金額です。

ただ、ドライバーを始めて間もないうちは、道もあまりわからないし接客も不慣れ。そのため思うように売上を伸ばせず、歩合だと生活に困る可能性があります。

そのためタクシー会社は給与保証をつけていて、ドライバーとしての基礎を学んでもらう期間としています。

給与保証の内容は企業によって違いますが、「半年間、月35万円」「1年間、月30万円」など、手厚い会社もあります。特に大手は条件が良いので、給与保証がしっかりしている会社を選ぶと安心です。
だいたい半年〜1年あれば、道をある程度覚えられます。すると給与保証がなくなっても普通に売上を上げられるため、給料が少なくて困ることはないはずです(サボらなければ、です)。

参考に、東京の大手4社である大和自動車・日本交通・帝都自動車・国際自動車の給与保証は、次のようになっています。

【東京の大手タクシー会社の給与保証】

タクシー会社 給与保証の内容
大和自動車 「研修後4カ月・月40万円」
または
研修後6カ月・月「35万円」
日本交通 研修後3ヶ月・月40万円、その後9ヶ月・月35万円
帝都自動車交通 「研修後4カ月・月40万円」
または
「研修後6カ月・月35万円」
国際自動車 研修後3ヶ月・月32万円

上の中で給与保証が1番手厚いのは、1年間にわたって35万円以上の保証が受けられる「日本交通」。1番薄いのは国際自動車(kmタクシー)です。ただ、国際自動車は稼げる環境と業界を変えようという積極的な雰囲気があるため、給与保証だけでなくトータルで条件を考えて会社を選びましょう。

「月30万円保証!」といっても、手取り金額は下がるので注意

「ホントに6ヶ月、月35万円も保証されるの??ウソじゃないの?」

手厚い給与保証は嬉しい反面、話が上手すぎると感じることもあるもの。

求人に書かれている給与保証の内容は、本当。ただし気をつけたいのは、35万円という数字は「手取りではなく額面(総支給額)の金額」ということです。

つまり35万円から税金や厚生年金、健康保険などで差し引かれる金額があるため、実際はそこから5〜7万円ほど下がると考えるべき。例えば月30万円保証なら、手取りは23〜25万円ほど、月25万円保証なら、手取りは月18万円ほどと考えてください。

給与保証はあくまでも「保証」。もちろんある程度の最低給料は受け取れますが、経験が浅いうちから高い給料をもらえるような上手い話ではないです。

給与保証だけを見ると「この保証がずっと続けばいいのに」と思うかもしれませんが、実際は早く保証が必要ないレベルまで自分を引き上げることが大切です。

会社が指定する期間中(2〜3年)にやめると、お金の返済が発生する

給与保証でもうひとつ気をつけておきたいのが、「縛り」と呼ばれる期間。縛りはだいたい2〜3年ですが、この期間中にやめるとお金の返済が発生してしまいます。

タクシー会社は「2種免許費用は会社負担」「給与保証あり」という所が多いです。ただ、これは「会社が決めている縛り期間中はやめないこと」が条件。もし期間中にやめると入社祝い金・2種免許の取得費用・保証給などを返金する必要があり、時間もお金もムダにしてしまいます。

もし拘束期間中にやめたくなったら、先輩や会社に悩みを相談するのがおすすめ。解決策を一緒に見つけてくれるかもしれません。どうしてもやめたい場合、タクシードライバーは自分の裁量で働けるので、縛り期間が終わるまでは何とか粘りましょう。

管理人の同僚も縛り期間中に「道が覚えられないし、やめたいな〜」と言っていた人がいました。ただ、この同僚はズルズルと働くうちに慣れてきて、結局やめずに続けています(笑)

給与保証期間中は、道を覚えることに重点を置こう

給与保証の期間中は、売上をコンスタントに上げることを目的にするより、道を覚えることに力を入れるべき。特に東京や大阪など都市部の道は複雑なので、きちんと確認しないとなかなか覚えられません。

会社も給与保証の間は、売上でとやかく言わないことがほとんど。むしろ「いろんな道を通って、しっかり勉強してね」というスタンスです。

管理人も最初のうちはお客さまをお送りしたあとに地図アプリで道を振り返ったり、休憩中に近道を見つけたりしていました。流し営業(タクシーを走らせてお客さまを見つける営業)のときに知らない道を通ることもありました。

この繰り返しで、地理の知識や接客のスキルを磨けたと思っています。

このように給与保証中は売上を心配する必要はありませんが、慣れてきた場合や保証期間が終わりに近づいた時期は、できるだけ売上を伸ばしてみるのも良いです。売上50万円や60万円以上など、会社が決めたラインをクリアすると、保証給に加えて歩合給が発生することもあります。

給与保証はあるほうが安心!手厚い会社を選ぶと安心

タクシー会社が用意している給与保証は、未経験にとっては助かる制度。求人の「半年間、月30万円保証!」という内容は本当ですが、手取りは5万円前後下がることを頭に入れておきましょう。給与保証期間中にしっかり地理や接客を習得すれば、保証が終わってもコンスタントに売上を伸ばせるはずです。

給与保証がある会社など、タクシードライバーの求人を探すなら、タクシー専門の転職サイト「転職道.com」がオススメ。大手を始めタクシー会社の求人が充実、業界に詳しいスタッフが面接のアドバイスもしてくれます。無料なので、情報収集も兼ねてぜひ使ってみてくださいね。

>>タクシー専門の転職サイト「転職道.com」公式サイト・詳細