タクシードライバーの年収・月収を解説!平均給与の相場・給与形態・歩合制

タクシードライバーへ転職するときに気になるのが「給料」。仕事に見合った収入が得られるかは、やはり大きなポイントです。

タクシードライバーの平均年収は正直、「そこそこ」という感じ(笑)ただ、タクシー会社は歩合給を採用していることが多く、売上を伸ばすと月30万円や40万円を稼ぐこともできます。そのため考えてみるのもオススメ。

ここではタクシードライバーの給料や給与形態・手当について解説します。

なお、ここで紹介している求人は、タクシー専門の求人サイト「転職道.com」のもの。転職道.comは無料で相談でき、タクシードライバーに転職するならオススメなので、ぜひ使ってみてください。

>>タクシードライバーへの転職なら!タクシー専門の転職サイト「転職道.com

タクシードライバーの平均年収は330万円、平均月収は26万円

一般社団法人 全国ハイヤー・タクシー連合会のリサーチによると、2017年(平成29年)のタクシードライバーの平均年収は、約333万円。平均月収は約26万円です(参考:タクシー運転者賃金・労働時間の現況)。

これは正直、すごく高い給料というわけではありません。いわゆる「普通の給料」という印象。ただ、タクシードライバーは「タクシーの運転」というシンプルな仕事なので、車の運転をしていてそこそこの給料がもらえるので、考えてみるのも良い仕事といえます。

また、タクシーは地域によって利用する人の多さに差があり、都市部のほうが利用者は多いです。地方のタクシードライバーは年収が少し低めで、都市部のほうは高め。平均して、上の333万円という平均給料になっています。

イチバン儲かるのは、やっぱり東京都!平均年収は約420万円

全国の中でタクシードライバーの給料がイチバン高いのは、やはり東京都。上のデータで平均年収は418万円となっており、かなり高いです。

しかもこの数字は、あくまでも「平均」の金額。

下で紹介しますが、タクシードライバーは歩合給があります。つまり頑張った分だけ給料が伸びるので、平均以上に稼ぐドライバーもたくさんいます。中には年収1,000万円超えのスゴ腕ドライバーもいるほど(!)。

このように、タクシードライバーは意外と夢があります。もちろん年収1,000万円はかなりハードルが高いものの、月30〜50万円なら、可能性は十分あります。さらに2020年は東京オリンピックも開催されるため、東京のタクシードライバーはかなりオイシイかもしれません。

ちなみに2017年のタクシードライバーの平均年収・平均月収は、全国で下のようになっています。

【タクシードライバーの平均年収・月収(2017年)】

都道府県 平均年収/月収 都道府県 平均年収/月収
北海道 272万/21.8万 滋賀県 295万/22.1万
青森県 263万/21.5万 京都府 307万/23.5万
岩手県 247万/20.3万 大阪府 346万/26.7万
宮城県 274万/21.8万 兵庫県 303万/24.3万
秋田県 226万/18.5万 奈良県 333万/24.7万
山形県 284万/23.3万 和歌山県 249万/20.6万
福島県 272万/22.3万 鳥取県 246万/20.1万
茨城県 312万/23.3万 島根県 269万/22.0万
栃木県 298万/24.9万 岡山県 356万/27.4万
群馬県 302万/24.7万 広島県 264万/20.1万
埼玉県 314万/25.2万 山口県 280万/22.8万
千葉県 296万/23.2万 徳島県 261万/20.7万
東京都 418万/33.4万 香川県 302万/22.6万
神奈川県 384万/29.9万 愛媛県 269万/21.2万
新潟県 287万/23.2万 高知県 286万/23.6万
富山県 309万/25.1万 福岡県 303万/22.9万
石川県 284万/23.1万 佐賀県 256万/20.8万
福井県 269万/19.0万 長崎県 276万/20.8万
山梨県 304万/24.0万 熊本県 267万/21.5万
長野県 276万/22.5万 大分県 297万/23.5万
岐阜県 355万/27.0万 宮崎県 231万/19.1万
静岡県 319万/24.4万 鹿児島県 231万/19.4万
愛知県 378万/27.8万 沖縄県 285万/22.7万
三重県 340万/27.4万

タクシードライバーの給与形態は3種類

次にタクシードライバーの給与形態ですが、実は大きく分けて3種類あります。

【タクシードライバーの給与形態】

A型賃金:固定給+歩合給
B型賃金:完全歩合給
AB型賃金:固定給+歩合給+賞与

上の給与形態を見てわかるかもしれませんが、タクシードライバーは基本的に「歩合給」がメイン。タクシーはお客さまを乗せて初めて売上になるため、どの会社でも歩合給が重視されています。

固定給のあるA型賃金が一般的に思えるかもしれませんが、多くのタクシー会社が採用しているのはAB型賃金。ただ、それぞれで特徴とメリット・デメリットがあるため、順番に紹介します。

安定して働きやすい「A型賃金(固定給+歩合給」

固定給があるA型賃金は、安定して働きやすい給与形態。特に未経験でドライバーを始める場合、A型賃金だと安心です。また、会社によっては勤続年数が高くなるごとに、固定給が上がることもあります。

ただしデメリットは、「頑張ってもあまり稼げない」ということ。歩合の割合が低いので、大きく売り上げても収入の伸びは小さいです。経験者には不向きな給与形態で、実はA型賃金を採用しているタクシー会社は少なめです。

稼げるドライバーを目指すなら「B型賃金(完全歩合給)」

B型賃金はシンプルでわかりやすく、「頑張って売り上げた分だけ、給料が伸びる」という給与形態です。

「タクシードライバーとして頑張りたい」「営業力には自信がある」という場合、B型賃金はオススメ。売上に応じて給料は上がるため、月30万円や50万円も狙えます。高収入なドライバーは、たいていB型賃金でしょう。

B型賃金のデメリットは、「不安が大きい」ということ。売上を伸ばせなければ給料が下がるため、リスクはあります。

ただ、タクシーは多くの人が利用するため、きちんとタクシーを流して(いろんな場所を回って)いれば乗る人は見つかります。そのため、収入ゼロということはまずありません。

歩合の一部がボーナスになる「AB型賃金(固定給+歩合給+賞与)」

AB型賃金は、多くのタクシー会社で採用されている給与形態。A型とB型を組み合わせた仕組みになっています。

まず固定給があり、そこに歩合給が加わります。ただし歩合給の一部はボーナスになり、年3回に分けて支給されます。残りの歩合給は月の固定給と合わせて支給されます。

AB型賃金の良いところは、歩合の一部が3回に分けて支給されることで、給料が安定しやすくなること。

AB型賃金はB型賃金に近く、歩合の比率が大きめの場合が多いです。売上が悪い月は給料が低くなってしまいますが、前の月に頑張っていればボーナスが入るため、調子が良くないときでも手取り収入が安定しやすくなります。

また、頑張れば給料も上がってボーナスももらえるため、安定しつつ頑張りがいもある給与形態です。
お金を使ってしまう人は、積立預金のような考えでAB型賃金の会社を選ぶこともあります。

残業代や深夜勤務手当がつく会社もある。求人で確認を

タクシー会社は歩合給が多いものの、残業代や深夜勤務手当がつく会社もあります。これは会社によって違うため、求人情報を確認しましょう。

ただ、残業代や深夜勤務手当がつくといっても、やはりタクシードライバーは「お客さまを乗せて、送り届けること」が基本。なるべくお客さまを乗せて運転する時間を増やせば、結果的に収入は伸びます。あまり手当にこだわりすぎないことも大切です。

燃料代は会社持ち。洗車は自分でするが、1回1,000円ほどで代行可能

タクシーを運転すると、燃料代がかかります。これをドライバーが負担する必要はなく、会社持ちです。

実はタクシーの燃料はガソリンではなく、LPガス(液化石油ガス)が主流。LPガスはガスというくらいなので基本は気体ですが、圧縮すると液体になります。

タクシーのトランクには、小型のガスボンベがあります。液体のLPガス少しの量でも長距離を走れるため、タクシーのガスボンベは小型でも十分なサイズです。会社にあるLPガススタンドで給油するか、全国にあるLPガススタンドで給油します。

ちなみにLPガスはガソリンより環境に優しく、タクシーが街中をたくさん走っていても大丈夫なようになっています。

また、仕事を終えて帰庫(タクシー会社へ戻ること)すると、ドライバーは車両を洗車をする必要があります。

洗車は自分でするのが基本ですが、1回1,000円ほどで代行してもらうこともできます。いつも洗車代行を頼むと手取り給料が減ってしまいますが、稼げるようになってきたら経費と考えて利用するのも良いでしょう。

タクシーの仕事をする上でかかる費用はほかにありませんが、シートに座る時間が長いためクッションを買う人や、夜勤のために栄養ドリンクをよく購入する人はいます。

また、タクシードライバーを始めるときには「二種免許」という専用の免許が必要ですが、取得費用を会社が負担してくれることも多いです。これも求人に「二種免許費用負担」と書かれているため、確認しましょう。

短距離と長距離、稼ぐスタイルは人によって異なる

タクシードライバーは、人によって仕事のスタイルが違います。

  • 短距離を乗るお客さまをたくさん乗せて、「」で売上を伸ばすスタイル。
  • 長距離移動のお客さまを乗せて、「量より質」で勝負するスタイル。

タクシー料金は長距離になるほど高くなりますが、「長距離割引」がある会社もあります。大阪では乗車料金が5,000円を超えた場合、超過分が5割引きになります。

この場合、お客さまには大きなメリットですが、ドライバーは「遠くまで乗せても、売上があまり伸びない」ということになり、実は稼ぎにくいことがあります。

さらに遠距離の場合、「周辺の地理がわからない」ということもあります。するとお客さまを送るまでに時間がかかってしまったり、大きく体力を使ってしまったりすることもあります。

逆にワンメーターのお客さまばかりを乗せていても、大きな売上は見込めません。

ただ、「なるべく空車時間を減らす」「お客さまに、ていねいに接する」ということを意識していれば、きっと売上は伸びていくはずです。

B型の完全歩合給で超頑張れば、年収1,000万円の可能性もアリ

タクシードライバーはそこそこ働いて平均くらいの収入を狙うのもヨシ、超頑張ってガッツリ稼ぐのもヨシの仕事。上でも少し触れましたが、B型の完全歩合給で働けば年収1,000万円を狙える可能性もあります。働く場所は東京が良いでしょう。

入社3年目で年収1,000万円を達成した東京のドライバーは、仕事量・メンタル・状況判断力・お客さまとのコミュニケーションなど、さまざまな点に気をつけて売上を伸ばしたそう。また、借金で追い込まれていたことも、モチベーションを高める要因になったそうです。

ここまでやり込むのはかなり大変かもしれませんが、月30〜50万円(年収400〜600万円)なら稼げる可能性はあります。高収入を狙って、タクシードライバーになるのも良いでしょう。

きちんと頑張れば、タクシードライバーは意外と稼げる!

タクシードライバーは歩合制で、頑張れば稼げる仕事。ノルマはあるもののそれほどキツくないため、きちんと働けば平均くらいの収入にはなります。

また、タクシー会社の給与形態は3種類で、会社によって違います。それぞれで特徴やメリット・デメリットがあるため、自分の適性に合わせて選ぶことが大切!

タクシー専門の求人サイト「転職道.com」ならたくさんの求人があり、スタッフが希望に合わせて仕事を提案してくれます。これからタクシードライバーを始めようと考えているなら、ぜひ相談してみてくださいね。

>>タクシー専門の転職サイト「転職道.com」公式サイト・詳細