タクシードライバーの服装はスーツの制服が基本!ヒゲや茶髪はNG?

タクシードライバーを始めるときには、服装が気になることもあるもの。

タクシードライバーは、会社から制服を支給されるのが一般的。スーツ・ネクタイ・白手袋・帽子を着用して、乗務することが多いです。

仕事を始める前には知っておくと良いこともあるため、ここでは「タクシードライバーの服装」について解説します。

>>タクシードライバーへの転職なら!タクシー専門の転職サイト「転職道.com

タクシードライバーの服装は、制服に手袋・帽子が基本。会社から支給

タクシー会社は服装自由な会社は少なく、多くの会社で制服が支給されます。

タクシードライバーはお客さまの送迎が主な仕事ですが、サービス業的な面があります。きちんとした服装で仕事をするほうが好印象なので、多くのタクシー会社が制服を採用しています。

一般的なのはネイビーやグレーのスーツに白のワイシャツ、白手袋、帽子(制帽(せいぼう))を着用するスタイル。街中のタクシー乗り場などでも、こうした姿のタクシードライバーを見かけることがあると思います。

夏はクールビズのスタイルで良い場合が多く、ジャケットやネクタイを着用せずにワイシャツで仕事をすることも多いです。タクシー車内はエアコンで温度調節ができるため、仕事中は快適です。

制服は無料で支給してもらえることが多いものの、会社によっては費用がかかることもあります。この場合、制服のレンタル料が給料から天引きされます。制服が無料か有料かは求人に書かれているはずなので、確認しておきましょう。

女性の場合、ネクタイではなくスカーフをすることも

最近は少しずつ、女性のタクシードライバーも増えています。タクシーの仕事は意外と働きやすいので、女性も「いいじゃん」と働く人が出てきています。

タクシー会社は女性ドライバー用の制服を用意していることも多く、基本はスーツ・白のブラウス・白手袋・制帽というスタイルです。

ただし男性はネクタイをつけますが、女性はスカーフをつけるのが一般的。また、パンツも会社によってはスカートになることがあるため、服装が気になるなら面接や求人サイトのスタッフなどに確認しましょう。

ヒゲやピアス、明るすぎる茶髪・金髪は、NGな場合が多い

ヒゲやピアス、茶髪などは、NGな場合がほとんど。きちんと整えたヒゲや落ち着いた雰囲気の茶髪ならOKな会社もありますが、タクシードライバーはサービス業。基本的にはやめておくべきです。

ただ、会社によっては「常識的な見た目なら、それほど厳しく言わない」というところもあります。「髪型や髪色は、派手すぎなければOK」「ちゃんと整えているなら、多少のヒゲは大丈夫」のような会社も中にはあるので、こだわる場合は探してみましょう。

大切なのは「清潔感」。においケアも気をつけよう

タクシードライバーにとって、大切なのは「清潔感」。服装と合わせて、身だしなみも大切です。

タクシードライバーは単にお客さまを乗せて運ぶだけでなく、「お客さまを快適に目的地まで送り届ける」というサービス業。お客さまに不快な思いをさせてしまうと、ドライバーとしてはマイナス印象です。

逆にピシッとスーツを着てスマートに運転するドライバーは、「まさにプロ」という感じで格好良いです。

また、清潔感で特に気をつけたいのが「におい」。タクシーを利用するときに「くさっ」となってしまうと、お客さまを不快にさせてしまいます。普段から体や髪の毛はしっかり洗い、口臭スプレーや制汗スプレーなども使うと、きちんと対策できます。

ちなみに、タクシードライバーの給料は歩合制。つまり頑張って売上を伸ばすと、その分だけ給料が上がります。

大きく稼ぐドライバーは、服装や身だしなみ、お客さまへの接し方もきちんとしています。「いかにお客さまへ不快を感じさせないか。快適にタクシーを利用してもらうか」を考えているので、少し面倒に感じるかもしれませんが、きちんとした服装・身だしなみに整えることは大切です。

勤務中はお客さまに合わせるため、服装で調節が必要

タクシードライバーとして運転していると、車内にいる時間が多くなります。夏や冬は、タクシーの車内と車外の気温差が大きいです。そのため自分はちょうど良い温度と思っていても、お客さまにとっては暑く感じたり、寒く感じたりすることがあります。

夏は冷房をつけますが、ドライバーは車内にいて涼しいため、冷房を抑えめにしやすいもの。ですがこれだと、お客さまが「もう少しエアコンが強かったらいいのに・・」と思うことがあります。

なるべくお客さまが快適な温度に設定するほうが、満足度は上がります。なので夏ならシャツの下にインナーをもう1枚着たり、冬なら薄めのインナーに変えたりして、ドライバーが車内の温度に合わせる工夫が大切です。

お客さまはそれほど長い時間をタクシーで過ごすわけではないものの、こうした小さな積み重ねが大きな結果につながります。

服装について理解して、タクシードライバーを始めよう

タクシードライバーの服装は基本的に制服。スーツで働くことが多いため、「自由なスタイルで働きたい」という場合には少し不向きかもしれません。自分に合うか確認しましょう。

売上を伸ばすドライバーは服装・身だしなみに気をつけていますが、特に意識しているのは「清潔感」。タクシードライバーはサービス業的な面があるため、なるべく好印象になるよう服装などを整えると良いです。

タクシー会社は本格的な仕事の前に研修をしてくれて、マナーなども教えてもらえます。大手タクシー会社の求人は「転職道.com」というタクシー専門の求人サイトで探せるので、チェックしてみてほしいと思います。登録するとスタッフが無料で求人の提案や転職サポートもしてくれるので安心です。

>>タクシー専門の転職サイト「転職道.com」公式サイト・詳細