阪急タクシーのタクシードライバー求人を解説!メリット・デメリット

阪急タクシーは阪急鉄道グループのタクシー会社。大手なので安定して働ける環境があり、きちんと頑張れば年収400〜500万円も狙えます。ただ、年収700万円や800万円はさすがに難しく、給与保証や寮もありません(研修中は日給あり)。

大手の安心感を重視するなら、阪急タクシーはオススメ。ここでは阪急タクシーのタクシードライバーについて、メリット・デメリットを解説します。

なお、阪急タクシーに応募するなら、タクシー専門の転職サイト「転職道.com」がオススメ。阪急タクシーを始めさまざまなタクシー会社の求人があり、スタッフが仕事選びや面接のアドバイスもしてくれます。無料なので、ぜひ使ってみてくださいね。

>>タクシー専門の転職サイト「転職道.com」公式サイト・詳細

阪急タクシーのタクシードライバー求人データ

応募条件 ・21〜60歳・普通免許(普通1種免許)取得から3年以上(AT限定OK)、もしくは2種免許を取得していること。
・学歴・経験・性別不問。
給料・給与保証 ・固定給17万円+歩合給+諸手当(AB型)
・研修中の給与保証あり。1日6,363円
・年収400〜500万円可能。
賞与 年2回支給
勤務日数・時間 ・隔日勤務(18時間(うち休憩2時間))
・日勤・夜勤あり
2種免許の費用 無料
タクシー車両 ・全車AT車
・ドライブレコーダー・カーナビ・ETC付き
・ジャパンタクシー車両あり
手当 ・時間外手当
・休出手当
・深夜手当
・通勤補助
入社準備金
10万円
福利厚生 ・有休
・マイカー通勤可能
・社会保険完備
・制服貸与
・退職金制度
・各種損保団体割引
・雇用継続制度有(75歳まで)
・各種グループ割引
・社内共済会制度
・健康診断(年2回)
タクシーチケット
専用乗り場
アプリ
×
営業所 京都府:京都営業所(向日市)
大阪府:高槻営業所・吹田営業所・豊中営業所・池田営業所
兵庫県:伊丹営業所・宝塚営業所・西宮営業所・王子営業所(神戸市灘区)

阪急タクシーのメリット

阪急タクシーのドライバー求人は、次の5つがメリット。順番に解説します。

【阪急タクシーのメリット】

  • 阪急のタクシー会社で、安定感バツグン。
  • チケット・専用乗り場・アプリなど、稼げる環境が充実。
  • 入社祝い金として、10万円もらえる。
  • 最高で75歳まで働けるため、長く続けやすい。
  • 営業所が大阪・兵庫・京都で9か所あり、自宅の近くで働きやすい。

阪急のタクシー会社で、安定感バツグン

阪急タクシーは阪急グループの企業。安定感はバツグンで社員数は約1,300人、タクシー車両も500台以上あり(2019年8月現在)、大手タクシー会社といえます。

タクシードライバーとして働くなら、やっぱり大手はオススメ。稼げる環境があるだけでなく働きやすさも整っているため、阪急タクシーは考えてみる価値があります。

チケット・専用乗り場・アプリなど、稼げる環境が充実

阪急タクシーはドライバーがより稼ぎやすくなるよう、環境を充実させています。さまざまな企業とタクシーチケットの契約をしていて、多くの企業が阪急タクシーを選んで利用しています。また、阪急タクシーの専用乗り場も約50か所あり、お客さまがいないときに活用できます。

さらに阪急タクシーのスマホアプリもあり、近くにいるタクシーをすぐに呼ぶことができます。

こうした環境を整えているため阪急タクシーはしっかり稼げて、入社2〜3年ほどでも月収30〜35万円、年収で400〜500万円を狙えます。

入社祝い金として、10万円もらえる

阪急タクシーは、採用が決まると「入社祝い金」という手当として10万円が支給されます。

タクシー会社によっては、入社祝い金が出ないところもあります。転職するときにはお金が必要なことも多いので、これはありがたい特典ですね。

最高で75歳まで働けるため、長く続けやすい

阪急タクシーは、高齢まで働けるのも大きなメリット。雇用継続制度という制度で、最長75歳まで働けます。もちろん75歳まで仕事をするのはけっこう大変かもしれませんが、無理のない範囲で働くのは良いと思います。

ただし面接で採用してもらいやすいのは、50代までが目安。60代で未経験だと不採用になる可能性が高いため、気をつけてください。

営業所が大阪・兵庫・京都で9か所あり、自宅の近くで働きやすい

阪急タクシーは大阪・兵庫・京都に合計9か所の営業所があり、自宅の近くで働きやすいです。

【阪急タクシーの営業所(9か所)】

大阪:高槻・吹田・豊中・池田
兵庫:伊丹・宝塚・西宮・神戸市灘区
京都:向日市

タクシードライバーは夜中の2時や3時に勤務が終わることも多く、そこから家へ帰ることになります。営業所にはシャワーや仮眠室があるものの、家で休むほうが疲れはとれます。阪急タクシーなら通勤しやすいため、大阪・兵庫・京都に住んでいるなら働きやすいはずです。

阪急タクシーには、デメリットもある

阪急タクシーにはメリットが多いものの、デメリットもあります。次の4つをチェックしておきましょう。

【阪急タクシーで働くデメリット】

  • 日勤・夜勤の場合、出勤日数が週6勤(月24日)。
  • 給与保証は研修中のみ。1日6,363円で、他社より低め。
  • 寮がないため、遠くから転職するには不向き。

日勤・夜勤の場合、出勤日数が週6勤(月24日)

阪急タクシーは「日勤・夜勤」か「隔日勤務」から勤務形態を選べます。多いのは隔日勤務で、「18時間働いて(休憩2時間を含む)、次の日は丸1日休み」というスタイル。日勤や夜勤は9時間(休憩1時間を含む)働く、一般的な働き方です。

日勤や夜勤は生活リズムを作りやすいので働きやすいですが、阪急タクシーは「週6勤」というのがデメリット。日曜は休みですが、週休2日ではありません。

最近は多くの会社が週休2日で、勤務日数や勤務時間をなるべく減らす会社も増えています。阪急タクシーの日勤・夜勤は勤務日数が多いため、少し働きにくいかもしれません・・。もちろん稼ぐには良いですが、基本は隔日勤務がオススメです。

給与保証は研修中のみ。1日6,363円で、他社より低め

最近は多くの会社が「給与保証」をつけています。

未経験からタクシードライバーを始めると、最初のうちは思うように売上を上げられないことがあります。そのため半年や1年は給与保証があり、月25万円や30万円を固定で支給してもらえます。大阪の日本交通や国際興業などは給与保証がしっかりしています。

阪急タクシーの場合、給与保証は研修中のみ。研修を受けている間は1日6,363円が支給されるものの、研修は1〜1.5ヶ月ほど。それ以降は保証がないので、最初から売上をしっかり上げていかないといけません。

まあ、給与保証があると逆に緊張感がなくなってしまうので、始めから歩合で頑張るのも悪くないです。「なるべく安心して働ける環境がいい」という場合は不向きなので気をつけましょう。

寮がないため、遠くから転職するには不向き

タクシー会社によっては寮を用意していて生活費を節約できますが、阪急タクシーは寮がありません。アパートやマンションを借りる必要があるため、どちらかというと近くに住んでいる場合に向いています。

寮と給与保証は転職で重視する人が多いですが、阪急タクシーはどちらもないため、ちょっと大きなデメリットです。

阪急タクシーは、安定した企業で働きたいならいいかも

阪急タクシーは大手の安定感がメリット。入社3年ほどで年収400〜500万円も狙えるため、しっかり稼げる環境が整っています。ただし給与保証や寮はなく、日勤や夜勤も週1休みとデメリットもあるため、自分に合いそうか考えてから応募することをオススメします。

ちなみに管理人としては、「大阪の日本交通や国際興業のほうがいいかな・・」という感じです(笑)

なお、タクシードライバーに転職するなら、タクシー専門の転職サイト「転職道.com」が便利。阪急タクシーを始めとして大手の求人が充実。スタッフにメールや電話、面談で相談もできるため、悩みや不安があるときにも助かります。アドバイスを聞いてから面接を受けることで、採用率もアップするはず。利用は無料なので、ぜひ使ってみてほしいと思います。

>>タクシー専門の転職サイト「転職道.com」公式サイト・詳細