タクシードライバーは日勤のみでも稼げる?給料や勤務時間を解説!

タクシードライバーの勤務形態は、1日働いて次の日は休みの「隔日勤務」が一般的。ただ、日勤(昼勤)や夜勤で働くこともできます。

日勤は無理なく働けるのが大きなメリット。その分だけ収入は下がりやすくなるものの、都市部や人が多い駅周辺なら稼ぎやすいです。タクシードライバーはマイペースに働けるので、考えてみるのも良いですね。

ここでは「日勤のタクシードライバー」について、詳しく解説します。

なお、日勤ドライバーの求人を探すなら、タクシー専門の転職サイト「転職道.com」がオススメ。大手を始め日勤のタクシー求人がたくさんあり、業界に詳しいスタッフが仕事探しや面接のサポートもしてくれます。無料なので、ぜひ使ってみてください。

>>タクシー専門の転職サイト「転職道.com」公式サイト・詳細

タクシードライバーは日勤のみでも働ける!勤務時間と休日

タクシードライバーは日勤のみの勤務もOK。勤務形態として隔日勤務・日勤・夜勤の3パターン用意している会社は多いため、応募や面接のときなどに「日勤希望です」と伝えましょう。

【日勤の勤務時間・勤務日数・休日の目安】

勤務時間:7〜16時、8〜17時など。
勤務日数:24日ほど。
休日:6〜8日ほど。

日勤の勤務時間・勤務日数・休日はそれぞれ、上のようになっています。

タクシードライバーは隔日勤務や夜勤が一般的なので、少し大変なイメージがあります。ですが日勤の場合、一般企業の働き方とあまり変わりません。働きやすくて自分が頑張れば稼げるので、人によっては意外と良い働き方だと思います。

ちなみに日勤の場合、夜のように酔っ払ったお客さまがほとんどいません。そのためトラブルを避けやすく、接客・サービスは夜よりラクです。

会社によっては入社後に勤務形態の切り替えも可能

会社によっては、入社してから勤務形態を変えることもできます。管理人がいた職場でも、「日勤で働いていたけど、もっと稼ぎたいから隔日勤務に切り替えた」という人や、「夜勤で働いてたけど、結婚して育児をしたいから日勤に切り替えた」という人もけっこういました。

特に大手のタクシー会社はドライバーの数が多くて体制も整っているため、前もって伝えればスムーズに切り替えられることが多いです。大手は未経験でも入社できるチャンスが十分あるため、狙ってみるのはオススメです。

日勤は隔日勤務や夜勤と比べて、給料が低くなりやすいのがデメリット

働きやすい日勤ですが、デメリットは「稼ぎにくい」ということ。

タクシーを利用する人は、夕方〜夜中にかけてが1番多くなります。夕方は会社から帰る人が増え、夜は飲み会を終えてタクシーを利用するお客さまが増えます。そのため日勤は隔日勤務や夜勤に比べると、お客さまを乗せにくいです。

ただし稼ぎやすい時間帯は、エリアによって違います。平均で見ると日勤の給料は夜勤・隔日勤務に比べて低めですが、都市部や地方のターミナル駅などはタクシーを利用する方が多いです。そのため日勤でも月30万円くらい稼げることもあります。

東京や横浜、大阪なら日勤でもしっかり稼げますし、名古屋・福岡・札幌なども良いと思います。夜勤や隔日勤務は家から近い営業所で働くとラクですが、日勤なら終業時間が早いので、都市部へ通勤して働くのもアリです。

一方、人が少なめの地方だと、日勤の給料は正直かなり下がります。手取りで10〜15万円くらいになることも多いので、これくらいの収入で良いかを考えて転職を決めましょう。

参考までに、タクシードライバーの歩合率は「売上の50%」が目安。売上を40万円ほど上げると、額面(総支給額)で月20万円、手取り15万円くらいになります。日勤は月24日勤務なので、1日16,000円くらい売り上げれば良いことになります(40万円÷24日)。

さらに16,000円を勤務時間8時間で割ると、1時間あたり2,000円の売上を作る必要があります。つまり1時間に、ワンメーターと少し乗るお客さまを2人探せば良いことになります。地方でもこれくらいは可能です。

ちなみにタクシードライバーは、残業があまりありません。売上をきちんと上げれば問題なく、夕方になると夜勤のドライバーが出勤するため、時間がきたら仕事は終わりです。特に大手は勤務時間をしっかり管理しているため、サービス残業は心配しなくて良いでしょう。

日勤で働けるタクシー会社は、意外と多い

日勤で働けるタクシー会社は、意外と多いです。隔日勤務をメインにしていても、求人をよく見ると「日勤あり」のように書かれていることはよくあります。「この会社は日勤のみでも大丈夫なのかな」と思ったら、問い合わせればOK。

タクシー専門の転職サイト「転職道.com」は、大手から中小までたくさんのタクシー求人があって便利。もちろん日勤で働ける会社も充実しています。登録するとタクシーの業界知識が豊富なスタッフに相談できてアドバイスをもらえるため、ぜひ使ってみてください(利用は無料です)。

>>タクシー専門の転職サイト「転職道.com」公式サイト・詳細

日勤は女性が多いイメージだけど、男性でも問題ナシ

日勤は家庭や育児と両立したい女性が働いているイメージをもつ人もいますが、男性でもまったく問題ありません。働き方は自分の体力や生活スタイルに合わせて選べば良いです。

ただ、男性は収入を重視する人が多いので、最初は日勤で働いていても売上が伸びてくると「もっと稼ぎたい!」となり、隔日勤務や夜勤にシフトする人も多いです(笑)

日勤のみのタクシードライバーは働きやすい!考えてみるのもオススメ

日勤のみのタクシードライバーは、働きやすいのが最大のメリット。無理なく働けるほうが結果的に続けやすく、売上が伸びることもあります。都市部なら昼間のタクシー利用者が多いため、月30万円ほども狙えます。そのため、考えてみるのもオススメ。タクシーの転職サイト「転職道.com」も活用して、ベストな会社を見つけてくださいね。