地方のタクシードライバーは実際どう?給料・年収や稼ぎやすさ

基本的にタクシードライバーは、地方より都市部のほうが高収入。東京や大阪の駅や繁華街に行くとわかりますが、人がとても多くタクシーを利用する人もたくさんいます。

ただ、家族がいるなどの理由で、地方でタクシードライバーをしたい場合もあるもの。収入を取るか、場所を取るかで迷う人もいます。ここでは、「地方・田舎のタクシードライバー」を解説します。

なお、タクシードライバーの求人を探すなら、タクシー専門の転職サイト「転職道.com」がオススメ。全国のタクシー求人を探すことができ、スタッフに仕事探しや面接のアドバイスを受けることもできます。無料なので、ぜひ使ってみてください。

>>タクシー専門の転職サイト「転職道.com」公式サイト・詳細

東京や都市部のほうが、地方より稼ぎやすいのは事実

一般社団法人・東京ハイヤー・タクシー協会によると、タクシードライバーの平均年収は330万円。ただ、地域によってかなり差があり、東京のタクシードライバーは平均年収が420万円ほど。地方は場所によって差があり、240〜330万円ほどが目安。

つまり東京のほうが、地方より稼ぎやすいのは事実です。

東京は新宿駅や渋谷駅に行くとわかりますが、人がとても多いです。タクシーを利用する人も、ビジネスマンや観光客などさまざま。売上を伸ばすチャンスが多いため、タクシードライバーはガンガン稼ぐことができます。東京なら月30万円はわりと普通で、40〜50万円をコンスタントに得ている人も多いです。

ちなみに神奈川は約380万円、大阪は約350万円、愛知(名古屋)は約380万円と、ほかの都市部も稼ぎやすいです。ただ、420万円に比べると低いため、稼ぐなら東京がベストです。

(参考)タクシードライバーの年収・月収を解説!平均給与の相場・給与形態・歩合制

地方はのんびりしながら働くと、月収20万円に届かないことも

地方の場合、大きな駅に行くとそこそこ人がいるものの、やはり都市部に比べると少なめ。小さな駅だとほとんど人がいないこともあり、タクシーを利用する人も少ないです。そのためタクシードライバーの給料も、必然的に下がりやすくなります。

ドラマや映画などではときどき、ヒマそうなタクシードライバーが登場しますよね。あんなふうに休んでいたら、確実に月収20万円を下回ります・・(汗)

田舎のドライバーはあまり収入にこだわっていないこともあり、「そこそこ稼げれば、それでいい」「あまり頑張って働きたくない」という人も多いです。

特に50代や60代の高齢ドライバーはこの傾向が強く、特に60歳を過ぎたドライバーには「年金の足りない分を補えればいい」という人もいます。地方ドライバーの平均年収が低めなのは、本人のモチベーションも関係していると管理人は思います。

地方・田舎でも、稼ぐドライバーはいる!

実は地方や田舎でも、しっかり稼ぐドライバーはいます。

利用客は都市部に比べると減るものの、地方はライバルも少なめ。「どうせ稼げない」と決めつけているドライバーも多いため、「月35万は稼ごう」と決めて営業の仕方を工夫すれば、意外と稼げるものです。

ただ、「お客さんがいないのに、なぜ稼げるの?」というのは気になるもの。どんなことを意識すると稼げるのか、ヒントを紹介します。

お客さまのいる場所が、都市部とは違う

地方の場合、駅にいつも人がいるわけではありません。車社会なので道も人が少なめで、タクシーを走らせてお客さまを乗せる「流し営業」は非効率。一見すると、かなり悪条件のように思えます。

ただ、地方にも人はもちろん住んでいます。都会とは人の流れや足を運ぶ場所が違うため、これを意識するべき。

たとえば地方は高齢の方が多く、病院はたくさんの人で賑わっています。足腰を悪くしていて、タクシーで病院へ通う人もけっこういます。病院を営業ポイントのひとつとして回れば、売上を伸ばしやすくなります。

また、少し大きな街にはイオンやアピタなどのショッピングモールがあり、たくさんの人で賑わっています。ここもタクシーで行く人がいるため、稼げる場所といえます。

さらに田舎は工場があり、夜勤や残業で働く人もいます。仕事が遅くなってタクシーを呼ぶ人もいるため、夜は駅に加えて工場や倉庫、企業のビルなどを中心に営業すると良いでしょう。

こんなふうに実は地方や田舎でも、タクシーを利用するお客さまは見つけられます。時間帯によってどこに人が多いかを考えると、売上も伸ばしやすくなるはず。地方は移動距離も長くなりやすいため、1人のお客さまで2,000円や3,000円の売上になることもあります。

高齢者が多く、お客さまが少なくても売上を伸ばせる

上でも少し触れましたが、地方や田舎は高齢の方が多いです。おじいさんやおばあさんはタクシーを利用することが多いため、都市部のように人が多くなくても稼ぐことができます。

病院・診療所・市役所など、高齢者がよく行く場所を回ってみると、意外とオイシイこともあるはずです。

さらに都市部の場合、お客さまもさまざま。人によっては暴言を吐いたり、お金を払わずに逃げたりする人もいます(汗)地方はあたたかい人が多く、タクシーに乗る人も優しいことが多いです。おじいさんやおばあさんは、本当に優良顧客。もちろんときには大変な乗務もありますが、都市部のほうがお客さまはシビアです。

信頼してもらえれば、リピートを獲得しやすい

地方や田舎はドライバーにとってもお客さまを見つけにくいですが、利用する側にとってもすぐにタクシーを拾えないことがあります。そのためお客さまに信頼してもらえると、配車依頼が指名で入ることもあります。

定期的に病院へ通う高齢な方の場合、タクシーを電話で呼ぶことが多いです。世間話をしながら気持ち良く送り届けると、行きも帰りも、しかも定期的に利用してくれるお客さまになることがあります。こうした指名でのリピートを増やすと、地方でもかなり稼ぎやすくなります。

タクシードライバーは会話が苦手でも働けますが、地方の場合、高齢な方との会話はできると良いですね。高齢な方は話を聞いてほしいことが多いため、「そうですね」と相づちを打ちながらときどき自分から話すだけでも、良い話し相手になれます。

地方のタクシー会社は自由度が高く、マイペースに働ける

地方や田舎のメリットとして、「会社の自由度が高い」という点も挙げられます。

特に都市部の大手タクシー会社は、ルールが厳しいです。GPSで車両の位置がわかるようになっているため、サボっているとバレます。足切り(ノルマ)を下回ると怒られたり、売上を伸ばせていないと場合によっては有給を取れなかったりと、数字に厳しいことも多いです。

もちろん地方のタクシー会社でもサボるのは良くありませんが、都市部よりはラクに働きやすいはず。稼ぐために頑張るのも良し、のんびり働くのも良しと、地方ドライバーは人によってスタイルが違います。

そのため地方でタクシードライバーになる場合、最低限の収入があればいいか、稼ぎたいかを決めるべき。月15〜20万円くらいでいいなら、それほど頑張らなくても稼げます。稼ぎたいなら工夫してお客さまを見つける必要があるため、都市部と同じで頑張ることが大切です。

地方で稼げるようになると、お客さまを見つけ出すスキルはかなり高いはず。さらに自由度も高いとなれば、かなり良い仕事に感じると思います(笑)

地方・田舎のタクシードライバーを考える場合、よく考えて転職を

地方や田舎のタクシードライバーは、東京を始めとする都市部より平均年収は低め。ただし工夫すれば地方でも稼ぐことはでき、自由に働きやすくお客さまも優しい人が多いです。自分がどう働きたいか、どれくらいの収入を得たいか決めて、頑張ってほしいと思います。

なお、タクシードライバーの求人を探すなら、タクシー専門の転職サイト「転職道.com」が便利です。地方のタクシー求人もたくさんあり、業界に詳しいスタッフから仕事探しや面接のアドバイスを受けることもできます。地方での働き方についても相談できるため、ぜひ使ってみてほしいと思います。

>>タクシー専門の転職サイト「転職道.com」公式サイト・詳細