タクシードライバーの給料・働き方は、都会と地方(田舎)で大きく違う!

タクシードライバーは全国で求人が募集されていますが、都会と地方(田舎)では給料にかなり差があります。東京や大阪なら月25〜30万円ほど稼げますが、田舎は月20万円ほどが目安。

ただ、地方は働きやすいというメリットがあるため、「自分がどう働きたいか?何を重視するか?」が大切。ここでは「都会と地方のタクシードライバーの違い」を解説します。

>>タクシードライバーへの転職なら!タクシー専門の転職サイト「転職道.com

タクシードライバーの給料は、田舎と都会で大きく違う

タクシードライバーの年収は、全国平均で約333万円(一般社団法人 全国ハイヤー・タクシー連合会の調査。2017年)。ただ、これはあくまでも平均で、「都会は高く、田舎は安い」という二極化の状態になっています。

東京のタクシードライバーは平均年収が400万円を超えていて、普通に稼げる仕事。きちんと頑張れば、手取りで30万円や40万円を狙えます。一方で田舎は手取りで20万円前後になるのは普通で、20万円を割り込むこともよくあります。

ただ、田舎には田舎の良さがあるため、「田舎と都会でドライバーの仕事がどう違うのか」を理解して決めることが大切です。

田舎の給料は15〜20万円が目安。人が少ない場所では10万の場合も・・

田舎の給料は、手取り15〜20万円ほどが目安。求人に「月収30万円可能!」と書いてあっても、あまり信じないことをオススメします(汗)リアルな数字を書くと人が集まらないため、高めに書いてあることがあります。

上で紹介したリサーチによると、たとえば青森のタクシードライバーは平均年収263万円、秋田226万円、佐賀256万円、宮崎231万円、鹿児島242万円となっています。東京は418万円、神奈川384万円、大阪346万円なので、都会と田舎で100〜150万円くらいの差があります。

また、たとえば北海道だと札幌は人が多いですが、ほかの地域は人がかなり少なめ。そのため働く場所によっては10万円ほどになることもあり、タクシードライバーにとって「勤務地」はかなり大切といえます。

田舎の仕事はラク。流しはなく「配車」や「付け待ち」がメイン

田舎のドライバーは給料が安いものの、仕事はハッキリ言ってラクです。

都会のタクシードライバーは、道を走りながらお客さまを探す「流し営業」がメイン。ただ、田舎はそもそも歩いている人がまばらで、タクシーを探している人はさらに少ないです。

そのため流し営業はほとんどなく、タクシー乗り場でお客さまを待つ「付け待ち」か、依頼のあったお客さまを乗せる「無線配車」が中心。タクシーであちこち走るのは無意味なので、ほとんどのドライバーがやっていません。

タクシー乗り場や病院、ショッピングモールでの付け待ちが狙い目ですが、それでも常にお客さまを乗せる日はほとんどありません。つまり車内での待ち時間が多く、けっこうヒマです(笑)

ちなみに無線配車は、ベテランドライバーに優先して回されます。田舎でなるべく稼ぐには、田舎の中でも人の多い場所を見つけて回るか、お客さまとしっかりコミュニケーションをとって固定客を増やす作戦になります。

キツいクレームもなく、ストレスが少ない

田舎の場合、お客さまからのクレームが少ないです。タクシーを利用する人ものんびりした雰囲気の中で生活しているため、あまりキツい人はいません。

タクシードライバーは1人で仕事できるので、基本的にストレスは少なめ。ただ、都会だとサービスにシビアなお客さまが多く、クレームがくることもあります。

田舎はこうしたことがないため、ただでさえ少なめなストレスが、さらに少なくなっています。

道が直線的で覚えやすい。すぐ覚えられる

田舎のメリットとしてもうひとつ、「道を覚えやすい」ということもあります。

田舎の道は直線的で、あまり細かくありません。大通りをまっすぐ走り、目的地に近づいたときだけ脇道に入る、という感じが多いです。

ドライバーを始めるときには地理を覚える必要がありますが、田舎ならわりとすぐに覚えられます。働く場所に住んでいるなら、最初からある程度わかることも多いでしょう。

特に年齢が高くなってくると、記憶力が低下するもの(汗)田舎なら「最近、覚えるのが苦手で・・」という場合でも、あまり心配する必要はありません。

それほど高収入にこだわらないなら、田舎は働きやすい

ここまで、田舎のドライバー事情を紹介しました。

地方は確かに給料が低いのですが、「年金があるし、そんなに高い給料じゃなくていい」「旦那の給料がメインだから、10万円くらいもらえればいい」という場合はオススメです。

東京や大阪などは、月25〜30万円!稼ぐなら都会がオススメ

話は変わって、東京や大阪などのドライバーについて。

都会のドライバーは前述のように給料が高く、月25〜30万円は十分狙えます。タクシードライバーは歩合給なので、頑張ればさらに稼げます。

中には年収1,000万円を稼ぐ人もいるようですが、これは営業の仕方を工夫する必要があり、相当にハードル高め。基本は25〜30万円と考えておきましょう。

タクシードライバーは「お客さまを送り届ける」というシンプルな仕事。もちろん大変なことはあるものの個人プレーでストレスが少なく、これでそこそこの給料がもらえるのは良いと思います。

さまざまなスタイルで営業が必要。技術を磨ける

都会の場合、田舎ではやらない「流し営業」がメイン。付け待ちや無線配車もありますが、タクシー乗り場などは常にライバルタクシーがたくさんいます。「ほかのタクシーがいないところで、いかにお客さまを見つけるか(空車時間を少なくできるか)」がポイントになります。

営業スタイルは、人によってさまざま。短い距離を移動するお客さまを探して数を稼ぐドライバーもいれば、長距離移動のお客さまを狙うドライバーもいます。長距離のほうが稼げるような感じがしますが、実は土地勘がなくて時間がかかったり、長距離割引で売上が伸びなかったりすることもあります。

タクシーの営業方法は奥が深く、都会でドライバーをすると技術を磨けます。東京だと1日で300kmほど走ることもよくあり、お客さまを乗せて走り回ることになります。

シビアなお客さまが多く、接客スキルも身につく

都会のお客さまは、シビアな人が多いです。田舎ならお客さまと雑談しながら気楽に走れることも多いですが、東京や大阪は人によります。中にはお酒に酔っているなどして怒り始める人もいるため、接客には気をつける必要があります。やはり仕事で疲れている人が多いのだと思います。

ただ、逆に言えば「ていねいな接客、サービススキルを磨ける」ともいえます。ドライバーによってはイライラしているお客さまが多いことで、自分も何だか悪い印象になってしまうことがあります。なるべくお客さまを気持ち良く乗せられるドライバーを目指したいものですね。

道が複雑なので、一人前になるには時間がかかる

都会の道は複雑で、細かい道を覚えるには時間がかかります。

タクシードライバーになるためには「地理試験」というものがあり、最初に幹線道路(メインとなる大きな道路)や交差点を覚えます。ただ、それだけでは実際にお客さまを乗せて走るときには足らず、仕事を通して覚える必要があります。

最初のうちはなるべくわかりやすい道の周辺で流し営業をして、少しずつ細かな道も覚えると良いです。最近はスマホの地図アプリなどで道路をチェックできるので、時間があるときに「この道は裏道に使えそうだな」「この道、通ったことないな」と考えながら見るのがオススメです。

道を覚えるのは大変に感じる人もいますが、とにかくゲーム感覚で楽しむと良いです。運転や地図が好きなら、わりと覚えやすいと思います。

ドライバーとして頑張るなら都会。年金生活などで気楽に働くなら田舎

結論として、「稼ぐなら東京や大阪などの都会、そこそこの給料で気楽に働くなら地方(田舎)」がオススメ。

稼ぐならやはり東京は良いですが、それだけシビアで体力的にも大変。地方はタクシーを使うお客さまが少なめで、特に昼間は気楽に働けます。「給料と働きやすさ、どちらを重視するか?」で選んでほしいと思います。

また、働く場所や求人でタクシー会社で迷ったら、タクシー専門の求人サイト「転職道.com」がオススメ。大手のタクシー専門求人サイトで、スタッフが希望に合わせて仕事を提案してくれて、転職する上での相談にも無料で乗ってくれます。不安や悩みがあるなら、ぜひ使ってみてほしいと思います。

>>タクシー専門の転職サイト「転職道.com」公式サイト・詳細