タクシードライバーになるなら転職エージェントが便利!効果的な使い方

タクシードライバーに転職するなら、「転職エージェント」というサービスが便利。転職エージェントはスタッフが求人の紹介をしてくれて、仕事探しや転職のアドバイスもしてくれます。

転職エージェントは無料で使えるため、使う側にリスクはナシ。

自分だけで履歴書の作成や面接の準備をすると、「これでいいのかな・・」と不安になりやすいです。転職エージェントのスタッフは、タクシー業界に詳しく、相談すると希望のタクシー会社へスムーズに転職しやすくなります。

ここでは、より効果的な転職エージェントの使い方を解説します。ベストなタクシー会社で、ドライバーの仕事を始めてほしいと思います!

なお、転職エージェントの中でも特にオススメなのは、「転職道.com」というサイト。転職道.comはタクシードライバー専門の転職エージェントで、スタッフがタクシー業界の知識豊富。希望に合わせてしっかりと求人の紹介や面接のサポートをしてくれるので、ぜひ使ってみてください。

>>タクシー専門の転職サイト「転職道.com」公式サイト・詳細

よりスムーズに転職できる!転職エージェントの使い方

転職エージェントは使ったことがないと、「どうすればいいんだろう」と迷うことがあります。理想の転職までまっすぐに進むには、次のポイントを押さえておくと良いです。

【転職エージェントの使い方】

  • まずは登録。web上で履歴書を登録しておく。
  • 転職サイトのスタッフから連絡がくるため、希望を伝えて相談する。
  • 面接を受けたいタクシー会社に応募。履歴書を手書きする必要ナシ。
  • 履歴書を公開しておけば、タクシー会社からスカウトを受けられる。
  • 気になることは、こまめにスタッフへメール・電話で相談。
  • スタッフからアドバイスをもらいながら、複数の会社で面接を受ける。

それぞれのポイントを、順番に解説します。

まずは登録。web上で履歴書を登録しておく

まずは転職エージェントに登録しましょう。転職エージェントは人を採用したい企業から報酬を得ているため、転職する側の人は無料で利用できます。

最初の会員登録は名前・メールアドレスの入力、パスワードを決めるくらいで終わることが多く、カンタン。登録が終わるとメールアドレスに連絡がきて、転職エージェントの利用方法について案内があります。

登録を終えると自分の会員ページができ、履歴書をweb上で登録できるようになります。「web履歴書」と呼んだりしますが、これを入力しておくと手書きでいちいち履歴書を書く必要がなくなります。

応募する企業ごとに履歴書を書くのは、かなり手間がかかるもの。間違えると書き直ししないといけないので、イヤになることもあります(汗)ほとんどの転職エージェントはweb履歴書に対応しているため、タクシー会社への応募がぐっとラクになります。

転職サイトのスタッフから連絡がくるため、希望を伝えて相談する

会員登録を終えて少し経つと、スタッフから電話やメールで連絡がくるはず。ここからはそのスタッフがあなたの「担当」になり、転職の相談をすることになります。

転職エージェントのオフィスに直接行けるなら、面談で転職の相談ができます。スタッフと日時を決めてオフィスへ行き、勤務地や「大手がいい」「寮つきの会社がいい」などの希望を伝えて、求人を紹介してもらいます。また、これまでの経歴や職歴を伝えて、スタッフからアピールポイントになる経験がないかなどをアドバイスしてもらいます。

転職エージェントのオフィスが遠くて出向けない場合、電話やメールで相談ができます。スタッフと時間を合わせてじっくり話せば、電話でもしっかりサポートしてもらえます。そのあとの細かい質問や相談は、メールでも十分です。

相談するときに大切なのは、「こんなタクシー会社に転職したい」「こんなふうに働きたい」のように、希望を具体的に伝えること。

自分の考えがボンヤリしていると、スタッフも的確にアドバイスできないことがあります。スタッフは「勤務地として、ここはどうですか?」「やっぱり大手のほうがいいですか?」と質問しながら希望を聞き出してくれますが、自分の方向性がハッキリしているほど、良い転職をしやすくなります。

面接を受けたいタクシー会社に応募。履歴書を手書きする必要ナシ

スタッフと相談しながら求人を紹介してもらい、「ここに応募したい」というタクシー会社が見つかったら、いよいよ求人に応募します。

上で説明したように、web履歴書は1度作ればOK。あとは複数の企業に同じ内容で応募できるため、とてもラクです。web履歴書は何度でも修正できるため、スタッフにもチェックしてもらいながら良い内容に仕上げておくと良いです。

応募するとタクシー会社の採用担当者があなたの履歴書を見て、OKなら面接に進みます。面接の日程を相談することになり、転職エージェントのスタッフからメールや電話で連絡があるはずです。

面接の前にも、スタッフと相談しておくと良いです。「志望動機はこんなふうに答えましょう」「面接では身だしなみに気をつけてください」など、気をつけるべきポイントを教えてもらえます。しっかり準備して面接を受ければ、合格できる可能性は高いです!

web履歴書を公開しておけば、タクシー会社からスカウトを受けられる

web履歴書は自分が企業へ応募するために作りますが、タクシー会社から「スカウト」を受けるにも使えます。web履歴書を公開しておくと、タクシー会社があなたに興味を持ち、「ぜひ面接を受けてみませんか?」と誘ってくれます。すると自分から応募するより有利に面接を受けやすく、入社できる可能性がアップします。

きちんとweb履歴書を作っておくと、企業に「この人いいな」と思ってもらいやすくなります。すると良い会社へ転職できるチャンスも増えるため、スカウトは意外と面白い機能です。

気になることは、こまめにスタッフへメール・電話で相談

転職エージェントを使うときは、「とにかく相談」がオススメ。細かいことでも良いので、気になったことや悩みが出てきたら、担当のスタッフに連絡すると良いです。

特に初めてタクシードライバーへの転職を考える場合、何かとわからないことは多いはず。このときに自分だけで考えたり悩んだりしていると、時間がドンドン過ぎてしまいます。また、出した答えはあくまでも自分の考えなので、ベストかどうかはわかりません。

転職エージェントのスタッフは「転職のプロ」、さらに「転職道.com」のようなタクシー専門の転職エージェントなら、スタッフがタクシー業界に詳しいです。ほとんどの場合、自分で調べて考えるよりスピーディで的確にアドバイスしてもらえるため、積極的に活用するべきです。

スタッフからアドバイスをもらいながら、複数の会社で面接を受ける

転職エージェントでアドバイスをもらったとしても、面接に落ちることはあります。ただ、これは誰しもあることなので、落ち込みすぎずに切り替えが大切です。次のタクシー会社で面接を頑張りましょう。

このときも、スタッフへの相談が大切。1社落ちてしまったら連絡して、何が良くなかったのかをスタッフと振り返りましょう。「志望動機を上手く伝えられなかった」「熱意を見せられなかった」のように原因がわかれば、次は改善できるはずです。

こうして何社か面接を受ければ、採用をもらえる企業は見つかるはず。1社や2社で転職先が決まることもありますが、「何回かは面接に落ちるかも」と考えておくほうが心の準備ができます。

転職エージェントのサポートは便利!しっかり活用して希望の転職を

転職をするときに、転職エージェントのサポートはとても便利。希望を伝えれば条件に合う求人を紹介してくれて、面接などのアドバイスもしてくれます。無料なので、使わない手はありません。

転職エージェントを使いこなす最大のポイントは、「何かあったら相談」ということ。自分だけで悩むよりずっとスムーズに転職しやすくなるため、ありがたくサポートを頼りましょう。

タクシードライバーに転職するなら、タクシー専門の転職エージェント「転職道.com」はオススメ。スタッフがタクシー業界に詳しく、大手から中小まで幅広く求人が揃っています。web履歴書やスカウト機能など、上で紹介したサービスも全て用意されているため、ぜひ使ってみてください。

>>タクシー専門の転職サイト「転職道.com」公式サイト・詳細